リスペクト魂♪

子育て、趣味、遊びのなんでもかんでも日記。

蓄膿になった子供になた豆茶を飲ませた体験談!

以前、中学生の娘のインフルエンザが治ったあと、鼻をかむと変な味がすると言い出した。それから「なにか?鼻、顔がおかしい」とか「頭痛がする」というので耳鼻科に連れていくと蓄膿と言われました

 

それから、耳鼻科に通いだして1か月ぐらいがたったころ、症状も収まってきたのにレントゲンを撮るとまだ治ってないと言われました。蓄膿ってそんなに治らないものなのかと心配になったのでネットで調べまくりました。

 

すると昔、民間療法や漢方やらでなた豆茶が蓄膿の治療に使われていたと知り購入しました。ちなみに、赤なた豆茶と白なた豆茶があるがそんなに変わらないらしい。

 

前置きながくてすいません。^^

 

購入したなた豆茶

うちが購入したのは楽天ランキング1位の富士の赤なた豆茶です。選んだ理由は、他のなた豆茶は、ほかの健康成分が入っているものがあるのですが、富士の赤なた豆茶はなた豆だけで無農薬・値段も国産にしては手ごろだったので購入しました。ちなみに値段は単品で2700円でした。


 

他に迷ったなた豆茶 

うちがなた豆茶を購入しようと思ったときの、もう一つの候補がなた豆爽風茶でした。なた豆爽風茶は刀豆ナタマメ協会の認定を受けている 

 

刀豆ナタマメ協会の公式サイトなた豆の「刀豆ナタマメ協会」では蓄膿の改善に期待がもてると紹介している。薩摩産のなた豆を使っている商品だけが刀豆ナタマメ協会の認定ロゴがあるらしい。

 

候補で終わった理由は、値段がお高いのと他の健康成分が入っていたのが理由でした。他の成分が入っているメリットを優先するより、うちはなた豆入りだけを選んだだけです。

最後に

娘の場合は、一か月以上耳鼻科に通いだしてからなた豆茶を飲みだしたのでなた豆の効果なのかはわかりません。しかし、飲みだして1.2か月ごろから娘が自己判断でもう耳鼻科に行かなくて良いと言い出したんです。

 

なぜかと聞くと、「もう鼻はおかしくない」のと耳鼻科に行っても「鼻をシュ~とするだけやし」もう治ったと言います。それなら、一旦耳鼻科に行くのをやめてみようとなりました。

 

それから数か月たちますが、なた豆茶だけは飲み続けています。今のところ蓄膿の症状はありません。しかし、耳鼻科でレントゲン撮っていないので具体的に蓄膿が治ったのかどうかはわかりません

 

恐るべしうちの娘!しかし、中学生ぐらいの子供はこんなもんなのかな~♪  

お得セットも買ってみました。